spacer

カラフルメイクボックス

メイクや美容について

皮脂の役割とお肌のコンディション

3月 9th, 2015 by colorful

お肌にはいつも皮脂が分泌されています。
この皮脂量のバランスによって、お肌がサラサラにもなりますし、ベタベタにもなります。

乾燥肌やオイリー肌の違いがあるのは皮脂量の分泌量が違うからなんですけど、どちらかに偏っているお肌のコンディションっていうのは好ましくないですよね?
そこで、ベストバランスにするためにはスキンケアが必要なんですね。

皮脂は多すぎても少なすぎてもダメなので、分泌量をコントロールすることがポイントです。
皮脂が分泌されると皮脂膜を作ってお肌を守っているので、皮脂の取り過ぎは禁物です。
洗顔料の中にはアルカリ性の性質を持つものもあって、皮脂膜を洗い流してしまいます。
肌がもともと持っている雑菌の繁殖を抑える力を損ねてしまうことになってしまって、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

また、基礎化粧品も同様でアルカリ性の性質を持つものもあります。
お肌を弱酸性に保つためのスキンケアなのに、わざわざアルカリ性のものを使うのは明らかにおかしいですよね。

皮膚が弱酸性に保たれていると、自然の殺菌作用がはたらきます。
しかし、年をとるにつれて中性やアルカリ性に近づいてしまうので、殺菌作用が弱まり、肌荒れが起こりやすくなっちゃうんです。
そういうこともあって、健康なお肌のためには弱酸性の洗顔料や化粧品が薦められているのですね。

Comments are closed.

カラフルメイクボックス is proudly powered by WordPress. SimpleBeaty theme by Gargron